パウンドケーキの保存は冷蔵庫ならいつまで大丈夫?保存方法はどうしたらいい?

2021年1月17日

パウンドケーキ

ずっしりと重いパウンドケーキを1本、奮発して買って来て、大事に切り分けて、毎日味わえたら、しあわせですよね。

しっとりして、濃厚な味わいを長い期間楽しめたら、最高ですね。

本当は、毎日、少しずつ、味わいたいのに、残ったパウンドケーキが、パサパサになったり、固くなったりと残念な経験をしたことがありませんか。

パウンドケーキの保存は冷蔵庫ならいつまで?

そもそも、パウンドケーキのパウンドとは、重さの単位ポンドからきていて、何が、1ポンドかというと、ケーキの材料となる小麦粉、バター、砂糖、卵の分量が、同比率なので、全て1ポンドずつで作ることができるということだそうです。

ということで、パウンドケーキは、バターをたっぷり使って作るので、しっとりしているんですね。

そして、砂糖もたっぷりの焼き菓子なので、常温でも、日持ちがきくといわれています。

冷蔵庫に入れてしまうと、バターが冷えて固まってしまうため、食感が悪くなってしまうので、美味しさを保つためには、常温保存が適しています。

フルーツを入れてつくったパウンドケーキの場合、水分が多いものは、傷みやすくなります。

また、甘さを控え目にしようとして、砂糖の分量を減らせば、それだけ、傷みやすくなります。

ということは、焼き立てのパウンドケーキを早めに食べきるのがベストということになりますが、傷まないように長く日持ちさせるを考えると、冷蔵庫で保存するようにしましょう。

特に、夏場は常温での保存が難しいので、冷蔵庫での保存がおすすめです。

冷蔵保存の目安は、4~5日間です。

冷凍保存なら、1ヶ月間くらいもちます。

パウンドケーキの保存方法は冷蔵?冷凍?

保存期間だけ考えると、冷蔵よりも冷凍保存のほうが、長くて、よさそうですが、冷凍保存にすると、どうしても、乾燥して、ぱさついてしまいます。

常温保存でできるだけ早く食べきるのがベストですが、どうしても数日間だけ保存したいなら、冷蔵保存で、乾燥する前に、できるだけ早くたべましょう。

実は、パウンドケーキのような焼き菓子は、冷凍保存しても、あまり味がおちずに、食べることができます。

特に、常温での自然解凍や、冷蔵庫での自然解凍で、冷たいパウンドケーキを食べることができるので、夏場には、おすすめです。

レンジやオーブンで温めて食べることもできますが、その際、アイスクリームを添えると、アイスの水分で、しっとり感を楽しむことができます。

パウンドケーキの保存方法は、どうしたらいい?

常温保存をする場合は、乾燥しないように、ラップでくるんで、保存しましょう。

パウンドケーキが1本まるごとある場合は、切り分けないで、かたまりのまま、しっかり、ラップをまきつけて、保存しましょう。

切り口から、水分が逃げてしまうので、食べる直前にスライスしたほうが、しっとりとした味わいが楽しめます。

パウンドケーキを手作りしたときには、焼き立てをそのまま冷ましてしまうと、乾燥してしまうので、すぐにラップで包むようにしましょう。

切り分けたものでも、一切れずつ、しっかりラップしたものを、まとめて密閉容器に入れておくとよいでしょう。

冷蔵保存にすると、バターが固まって、味がおちますが、夏場は常温保存が難しいので、冷蔵庫に入れましょう。

バナナなどのフルーツの入ったパウンドケーキの場合、水分が多いですので、冷蔵保存しても比較的大丈夫です。

ラップの仕方は、常温保存と同様、固まりであれば、固まりのまま、スライスしたら、1枚ずつ、ラップして、さらに、密閉袋や容器に入れて、乾燥を防ぐようにしましょう。

冷蔵保存したもので、ぱさつきが気になる場合は、水分をスプレーしてから、電子レンジやトースターで10秒程度温めると、よいでしょう。

さて、パウンドケーキは、冷凍保存のほうが、冷蔵保存より味があまり変わりません。

一度に食べきれないときは、冷凍保存して、食べる分だけ、解凍して食べるほうがよいかもしれませんね。

そこで、ポイントになるのは、冷凍保存の場合は、1本まるごとではなく、スライスしたものを保存します。

食べる分だけ、ラップで包み、それを密閉袋に入れて、乾燥を防ぎましょう。

食べ方も、トースターや電子レンジは使わずに、自然解凍するようにしましょう。

水分が飛んで、乾燥してしまうからです。

夏場は、自然解凍を冷蔵庫でするようにしたほうがよいでしょう。

また、自然解凍するときに、霜がついていると、溶けて、ケーキがべしょべしょになってしまいますので、注意しましょう。

自然解凍したものを電子レンジやトースターで温めると、焼き立てのようになります。

まとめパウンドケーキの醍醐味には、ずっしりとした1本を、少しずつスライスして、長く楽しみたいというのがありますよね。

バターが多いゆえに、冷蔵保存はあまり向かないという特徴をふまえて、上手に冷凍保存をつかって、やきたての風味を末永く、楽しんでみましょう。

また、夏場は、自然解凍でまだ冷たいケーキに生クリームやアイスクリームなどを添えて、楽しんでもいいですね。

関連記事↓

モンブランの賞味期限は?切れてから何日まで食べられる?

冷蔵庫保存のガトーショコラの正しい保存の仕方やコツは?

ベイクドZOOの賞味期限はどれくらい?