プロセスチーズを冷蔵庫で保存するときのコツは?冷凍庫でもできるの?おすすめレシピは?

プロセスチーズ冷蔵庫保存

プロセスチーズをご自宅に常備している人も多いと思いますが、正しく保存できていないと、食べようと思ったらチーズにカビが生えていた!

とか、チーズが乾燥しておいしくなくなってしまうことがあります。

そこで、正しい保存方法や簡単おいしいおつまみレシピについても紹介したいと思います。

プロセスチーズを冷蔵庫で保存する方法や保存期間は?

プロセスチーズは、乳化剤などを加えて加熱しているので、乳酸菌は死滅するため保存中に熟成することはありません。

なので、カマンベールやモッツァレラチーズのようなナチュラルチーズに比べて長期保存しやすいチーズと言われています。

乳酸菌が死滅しているとはいっても、質のいいたんぱく質やカルシウムなどの栄養が豊富なので、積極的に取り入れていきたい食材の1つになります。

長期保存できるとは言っても、一度封を開けてしまったら2~3週間程度で食べてしまうようにしましょう。

冷蔵庫で保存すると、冷蔵庫内はとても乾燥しているので、一度開封してしまったプロセスチーズは乾燥しやすくなり、風味も落ちてしまいます。

なので、プロセスチーズが乾燥しないように、密閉容器やジップロックへ入れましょう。

プロセスチーズの種類によっては、個包装されていないこともあるので、その時はサランラップで包んでから密閉容器などへいれてください。

より乾燥を防ぐためには、冷蔵庫ではなく野菜室で保存するのがいいでしょう。

野菜室は冷蔵庫より湿度が高くなっているのでプロセスチーズの保存におすすめです。

ただ、ニオイを吸収しやすい性質もあるので、玉ねぎや柑橘類の近くで保存しないようにしましょう。

プロセスチーズは冷凍保存でどれぐらい保存できる?解凍方法は?

一度開封したプロセスチーズは早めに食べるのがおすすめですが、すぐに食べきれない場合は冷凍庫で保存することがおすすめです。

冷凍保存することで、乾燥やカビが生えるのも防ぐことができ、半年程度は保存することが可能です。

ただし、品質を保ったままの保存を考えているのであれば、1か月程度で食べきるほうがいいとされています。

では、どのように保存したらいいのでしょうか?保存の方法は、冷蔵庫で保存する時とほとんど同じで、ジップロックへ入れるだけです。

その時は、できるだけ空気を抜いて保存しましょう。

また、個包装されていないプロセスチーズの場合は、サランラップに包んでからジップロックへ入れるようにしてください。

冷凍したプロセスチーズの解凍方法は、凍ったまま使用できます。

ただし、一度冷凍したプロセスチーズは、加熱せずに食べることができなくなるので、注意が必要です。

プロセスチーズのおすすめのおつまみレシピは?

プロセスチーズが余ったら保存するのがおすすめということが分かったと思いますが、余らないように使い切るのが一番です。

ここでは、簡単に作れるおつまみレシピを紹介します。

パリパリスライスこのレシピではスライスチーズやとろけるスライスを使います。

4等分したスライスチーズに、様々な食材や調味料をのせて、電子レンジで1分程度加熱するだけで絶品のおつまみが出来上がります。

1つめは、クッキングシートを敷いてそこに青のりを振ったスライスチーズにのせて加熱したら完成です。

2つめは、屈筋すしーとの上に4等分したとろけるスライスをのせて、まず電子レンジで1分半程度加熱します。

加熱したスライスチーズが冷めたら、フォークで粗目につぶしたアボカドと黒コショウをのせて出来上がりです。

3つめは、クッキングシートを敷いて、そこにミックスナッツをのせたスライスチーズを電子レンジで1分程度加熱したら出来上がります。

この食材だけじゃなく、他の食材でもおいしくできると思うので、色々試してみるのも面白いかもしれません。

6Pチーズの磯辺焼き6Pチーズもプロセスチーズになるので、この6Pチーズを使用したレシピも紹介します。

6Pチーズをフライパンにのせて、焼き色がつくまで焼きます。

両面に焼き色がついたら、しょうゆを少量垂らしたら完成です。

のりを巻いて食べてください。

また、バターを溶かしたフライパンでチーズを焼くと、バターが風味が最高なおつまみに仕上がります。

ベビーチーズのカプレーゼ風カプレーゼと言えばモッツァレラチーズを使うのですが、モッツァレラチーズはちょっとお値段が高いですよね。

なので、モッツァレラチーズの代わりにベビーチーズを使っても、おいしいカプレーゼを作ることができます。

作り方は、乱切りにしたトマトと好きな大きさに切ったベビーチーズをお皿に盛り付け、オリーブオイルとブラックペッパーをかけるだけで完成します。

ベビーチーズはいろんな味があるので、その日の気分で味を変えてカプレーゼを作ってもいいかもしれません。

プロセスチーズのおいしいアレンジレシピも紹介したので、今までより「プロセスチーズが余ってしまった!」っていうことは少ないかもしれませんが、もし余っても、正しく保存して、最後までおいしくプロセスチーズを食べきってもらえたらと思います。


// 更新日時をGoogleに優先して伝える 公開日: