グリーンピースの保存は冷蔵庫でどれくらい?冷凍保存もできる?

グリーンピース保存冷蔵庫

旬のどれも野菜はとてもおいしいですね。

普段は冷凍や缶詰のグリーンピースを使っていても、生のもののおいしさは格別です。

グリーンピースの旬の時期は他の野菜に比べて短く、また、鮮度も落ちやすいため、すぐに傷んでしまいます。

おいしいグリーンピースの旬の時期のおいしさを保ち、保存するにはどうしたらいいかと頭を悩ましてしまいますね。

そんなときに役立つ、おいしく長持ちするグリーンピースの保存方法について紹介していきます。

グリーンピースの保存のポイントは?

冷凍や缶詰のグリーンピースは1年中見かけますが、グリーンピースの旬の時期は短いです。

4~6月には生のグリーンピースが店頭に並びます。

生のグリーンピースはさやつきのまま、さやから出した状態で売られています。

グリーンピースを購入するときの注意点をお伝えします。

乾燥に弱いので、さやから出した状態だと乾燥して味も落ちてしまうので、さやつきのものがおすすめです。

また、おいしいグリーンピースの形は、さやがピンと張っていて、実入りがいいもの。

色も鮮やかな緑色のものはおいしいです。

さやが割れていたり、黒ずみやしわ、傷があったりするものは傷みやすいので避けます。

では、新鮮なおいしいグリーンピースを選んだら、保存するときにはどのようなことに注意したらいいでしょうか。

グリーンピースは傷みやすく、日持ちがしないので、常温保存は避けて下さい。

2~3日で使い切る場合なら、乾燥しないように注意して、さやつきのまま、ジッパーつきの保存袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れておいても大丈夫です。

さやから外してしまうと、乾燥してしまうので、食べる直前にさやから外して下さい。

それ以上保存したいときは、鮮度が落ちやすいので、さやから出してゆでて、冷蔵庫に入れるか冷蔵保存するのがいいです。

グリーンピースの保存は冷蔵?それとも冷凍?保存期間は?

グリーンピースのおいしさを落とさず保存するときは、ゆでて冷蔵するか冷凍します。

しかし、ゆで方に注意しないとしわしわになってしまったり、柔らかくなりすぎで食感がよくなかったりします。

こうなると、せっかくのおいしさも半減してしまいます。

ゆでるときの3つのポイントを守るとおいしくゆでることができます。

それは、豆が乾燥しないよう、ゆでる直前にさやから出す、たっぷりの沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れて、5分ほどゆでる、ゆであがってもしばらくはゆで汁につけておくことです。

ゆであがり、すぐに湯切りすると、急激な温度差で皮がしわしわになってしまいます。

このポイントをふまえてゆでると、食感も色もよくゆであがります。

ゆでたグリーンピースは、重ならないよう平たくにして、ジッパーつきの保存袋に入れます。

さらに袋の中の空気をしっかりと抜きます。

そして保存袋のまま、冷蔵や冷凍で保存します。

ゆでて冷凍保存すると、栄養素の低下も少なく保存できます。

保存期間は、冷蔵では2~3日、冷凍では1か月程度です。

料理に使うときは、袋から出し、そのまま調理できるので便利です。

グリーンピースの意外な保存方法って?

野菜の保存といえば、冷蔵庫か冷凍保存するものと思っていませんか。

少し手間がかかりますが、グリーンピースは乾燥させて保存することもできます。

乾燥野菜は栄養価も高まり、味も凝縮されるだけではなく、保存期間も長くなる便利なものです。

キノコ類を乾燥させるのはよく知られていますが、グリーンピースも乾燥させて保存することができます。

グリーンピースを乾燥させる方法は、さやから実を取り出し、水で洗い、汚れを落とします。

ペーパータオルなどでしっかりと水分を拭き取り、野菜かごやザルに入れ、天日に干すだけです。

カラカラになったら、乾燥グリーンピースの完成です。

乾燥の度合いはお好みに合わせて大丈夫です。

天日に干す時間帯は、陽ざしが強い10時から15時くらいがいいです。

夜になったら室内に入れ、乾燥するまで天日干しを繰り返します。

陽ざしが強いときは2~3日でカラカラになります。

しっかりと水分を飛ばしてカラカラになるまで乾燥させると、常温でも半年ほど保存できます。

また、食べるときは、水に30分ほど浸けて戻し、普段の料理に使うことができます。

まとめ

缶詰や冷凍で売られているグリーンピースは、豆くささ、青臭さが気になり、苦手という方も多いです。

でも、旬のグリーンピースは、何ともいえないおいしさがあります。

たくさん手に入ったときは、保存方法を工夫すると、長く味わうことができます。

今回、冷蔵、冷凍、乾燥と3つのグリーンピースの保存方法を紹介しました。

ゆでて、冷凍保存すると、長期保存できるだけではなく、そのまま調理できるのも便利なところです。

乾燥して保存すると、グリーンピースの栄養素も高まり、味も濃縮されて、いつもとは違った味を楽しめます。

旬のグリーンピースは、缶詰や冷凍で販売されているものとは違う、フレッシュな味があります。

ご自分に合った保存方法で、旬のグリーンピースの味を長く楽しんで下さい。


// 更新日時をGoogleに優先して伝える 公開日: