ぬか床は賞味期限切れになるとどう変化するの?ニオイや色は変わる?

ぬか床賞味期限切れ

ぬか床はぬか漬けを手作りするために欠かせないもので、自ら着けた漬け物は美味しさも倍増しますよね。

ぬか床は長期間利用することができるみたいですが、長期間といっても一体どのくらい使えるのか不思議に思いませんか?「結構前から使っているけど、大丈夫なのかな…」と感じる人もなかにはいるでしょう。

そこでぬか床の賞味期限や正しい手入れの方法などについてまとめてみました。

今ぬか床を使っている人も、これから挑戦しようとしている人も、ぬか床に役立ててくださいね。

ぬか床の賞味期限はいつまで?

よく「ぬか床は生き物」だと言われますが、実際に毎日欠かさず世話をすると、ぬか床も応えてくれるんです。

もちろん保存環境や世話の仕方などでも違いますが、ぬか床の賞味期限はぬか床の世話をする人で長くなったり短くなったりするんです。

ぬか床は「ぬか」を原料につくるので、このぬかの賞味期限をぬか床の賞味期限だと考える人もいるでしょう。

でもぬか床はさらに水や塩などを混ぜてできた発酵品なので、ぬかそのものよりも保存できる期間は長くなるんです。

ぬか床のおかれた環境によって差はありますが、欠かさず世話をしていればずっと使えるみたいですね。

ただ、ぬかそのものは傷みやすく、意外に油分が多いので放っておくと酸化してしまいます。

油が酸化すると味に変化が出るのと同じように、ぬかも酸化すると通常通りに使えなくなっちゃうんです。

もしぬか床を作るときにぬかが残ってしまったら、外気から守れるような袋や蓋のついた容器に入れて保管します。

また、ぬかそのものは冷蔵庫で1ヶ月弱、冷凍庫で約3ヶ月保存することができます。

なので、これを目安に使うようにしましょう。

ぬか床の正しい保存方法とは?

ぬかは冷蔵庫や冷凍庫で保存可能ですが、出来上がったぬか床はどこで保管するのがベストなのでしょうか?せっかく作ったぬか床、できるなら長く使いたいですよね。

ぬか床の保存場所は常温でも冷蔵でも大丈夫ですが、常温で保管するときは直射日光の当たらない涼しい場所に置いておきます。

ぬか床は保管する環境が30℃以上になると成長がすすみすぎてしまうので、主に夏の間は冷蔵庫内で保存すると良いでしょう。

また、家を留守にしてぬか床の世話ができないときは、密閉できる袋に詰め替えて空気を抜いて冷凍庫で保管します。

自然解凍で元通り使えるので、長期間家を空ける時でもぬか床を新鮮に維持することができますよ。

そしてぬか床を長く使うなら、毎日空気を含ませてあげることが大事なんです。

ぬか床の中には空気を嫌う腐敗菌がいて、毎日手を入れて空気を含ませることで、この菌が増えすぎるのを防ぐことができます。

夏は1日に最低でも2回、冬は1日に1回で良いので空気を含ませるようによく混ぜてください。

混ぜる時は表面だけでなく、底から掘り起こすようにしてよく混ぜましょう。

毎日かき混ぜるのが面倒な場合は、冷蔵庫で保存し2日に1回は撹拌してくださいね。

もちろん素手は避けてビニール手袋などをして手を入れてください。

賞味期限切れのぬか床の特徴は?

ぬか床は世話をする限りはずっと使い続けることができますが、「なんだかいつもと様子が違う」というときは、もしかしたら腐りかけのサインかもしれません。

例えば・カビが生えている・見た目がいつもより白い・虫がわいている・ツンとしたニオイがするなどの症状があったら注意してください。

また、白っぽいカビのように見えても、乳酸菌がいつもより増えただけの場合もあります。

この場合は特に問題はありませんが、しっかりかき混ぜないと菌の働きで酸っぱくなってしまうので注意しましょう。

常温はもちろん、たとえ冷蔵庫内に保管していても、世話をちょっとサボるだけでぬか床はどんどん元気がなくなってきます。

このあたりが「ぬか床は生き物」とされる理由ですね。

賞味期限切れの症状を見つけてからでも元気なぬか床に戻すことは可能ですが、初めてのぬか床だったり、元に戻すことに不安があるなら、一から育て直す方が確実です。

見出し④賞味期限が切れたぬか床を元に戻すには?上で紹介したような症状が出た場合でも、ぬか床を元の状態に戻すことは可能です。

手間はかかりますが、ぬか床を処分せずに済みますよ。

【ぬか床を元に戻す方法】

  1. 古くなったぬか床の上から1~2cmを取り出し別の器に入れ、くず野菜で捨て漬けをする。
  2. 残ったぬか床は底の方から持ち上げ、空気を含ませるようにしっかりかき混ぜます。
  3. 水っぽければキッチンペーパーなどで水分を取り除く。
  4. 水を取り除いたら塩と新しいぬかを足して、冷蔵庫に戻す。
  5. 次の日、再度しっかり空気が入るように底からかき混ぜ、くず野菜で捨て漬けをする。
  6. ぬか床の味が通常通りになるまで2~4の手順を行い、1のぬか床を戻す。

ちなみに捨て漬けに使ったくず野菜は、漬けた次の日に忘れず取り除いてくださいね。


// 更新日時をGoogleに優先して伝える 公開日: