未開封の油の賞味期限は?環境に優しい油の捨て方とは

2021年4月4日

油 賞味期限

揚げ物や炒め物に使う食用油。

よくご家庭で使われているのはサラダ油、オリーブオイル、ごま油といった植物性の油ではないでしょうか。

腐るものではないというイメージから、お買い得な時にまとめて購入しておくことも多い油ですが、賞味期限をしっかり確認して買ったことはありますか?

実は油にもちゃんと賞味期限があるのです。

揚げ物をよく作るご家庭なら大きなボトルのサラダ油を常備しているかと思いますが未開封のストックを見たらいつの間にか賞味期限が切れていた…そんな油はどうしたらいいか迷いますね。

また、意外と困るのが使い終わった揚げ油の捨て方。

そのままシンクに流してしまっていいの?

と悩んでいるうちにどんどん溜まってくる廃油…。

環境に優しい方法で捨てられていますか?

今回は、食用油の賞味期限と廃油の捨て方ついてまとめてみました。

未開封の油の賞味期限は?揚げ油に使ったサラダ油は再利用できる?

まずは、主な食用油の賞味期限についてご紹介します。

ここではよくご家庭で使われるサラダ油、ごま油、オリーブオイルについてご説明しますね。

①サラダ油
未開封の状態であれば賞味期限はおよそ2年ほどです。缶や紙パック容器のものが2〜3年と長めで、プラスチック容器のものは1年くらいと短くなっています。

②ごま油
サラダ油よりも酸化しにくい性質があり、2年半ほどが賞味期限の目安です。
しかし、香りが大切な油でもあるので、できるだけ早めに使うのが良いでしょう。

③オリーブオイル
未開封で1〜2年ほど持ちます。

ただ、気温が低いところに長い時間置いておくと白く固まって使いにくくなってしまうのでできるだけ10℃以上の場所で保管しましょう。

どの油も未開封であれば約2年を目安に保管できるようです。

開封後ですが、やはり空気に触れると徐々に酸化が進んでしまうので、2ヶ月以内には使い切るようにしたいですね。

お得だからとあまり大きなボトルを買ってしまうと、使いきれずに油が悪くなってしまいますので、2ヶ月で使い切るイメージを持って油を購入することが大切です。

次に、悩まれる方が多い揚げ油に使ったサラダ油について。

揚げ物をするときは食材がオイルに浮くくらいたっぷりの油を使います。

しかしご家庭の揚げ物はお店のように一日中使うわけでもなく、揚げ物の量もそこまで多くないので、そこまで汚れていない揚げ油を一度で捨ててしまうのはもったいないですよね。

結論から言うと、週に何度か揚げ物をするときであれば、3回ほどは揚げ油は再利用できます。

再利用までの期間が1週間〜10日程度であれば、酸化も進まないので問題ありません。

再利用のために油を保管する際は、専用のオイルポットを使うのがおすすめ。

油に浮いたカスや汚れをろ過して、綺麗な油だけポットに入るので、簡単に次の料理に使えます。

もちろんろ過した油は揚げ物だけでなく、炒め物などにも活用できますのでどんどん使いましょう。

理想としては捨てることなく使い切れればゴミも出ずとてもエコですね。

油は流しに捨てないで!地球にも優しい、廃油の正しい捨て方

いよいよ処分しなければならない、もう十分に再利用した揚げ油や、賞味期限がきれて
しまった油はどのように捨てるのが最も良いでしょうか。

流しにそのまま捨ててしまう…と言うのは一番NGです。

常温ではサラサラとしている油ですが、温度が下がると固まってしまうこともあり、特に冷たい水と混ざったり食器用洗剤と合わさるとドロドロと排水管にまとわりつき流れが悪くなったり最悪詰まってしまいます。

それだけでなく、下水に流れ込んだ油が川や海に流れ込んだりしたら、水質が悪化したりそこに住む生物にも影響を及ぼすので立派な環境破壊につながってしまいます。

環境にも配慮した、正しい捨て方をいくつかご紹介しましょう。

①牛乳パックにいれて可燃物として捨てる
空いた牛乳パックに油を流し込んで、しっかり口を閉じガムテープ等で漏れないように密封したのちに可燃物に出します。
自然発火を防ぐため、油と一緒に少し水も入れておくようにしましょう。

②紙や綿にしみこませて、ビニールに入れて可燃物として捨てる
油の中に新聞紙やいらない紙、綿などを入れて染み込ませ、ビニールに入れてしっかり口を閉じて捨てます。
こちらも牛乳パックの時と同様、少量の水を一緒に染み込ませることをお忘れなく!

③凝固剤を使って固めて捨てる
市販されている油を固める凝固剤を使うのも簡単です。使用方法に沿って凝固剤を油に投入し、完全に固まったら可燃ごみとして捨てましょう。

自治体によっては、廃油の捨て方に指定がある場合があるので、お住いの地域のごみ分別についてはよく確認してくださいね。

まとめ

意外と知らない油の賞味期限と正しい捨て方についてご紹介しました。

食用油は日常のお料理に欠かせないものなので、未開封で2年ほど持つのであれば安心してストックしておけますね。

ただ、開封すると酸化が始まってしまいます。

悪くなった油は、うっかり使うと体に不調をきたすこともあるので、油が悪くなる前に使いきれるようにボトルのサイズには注意するようにしましょう。

また、揚げ油に使った廃油や賞味期限切れの油を捨てる際も、なんとなく排水溝に流してしまうと甚大な環境被害につながる可能性もあります。

美味しい料理に使った油は、適切な方法でちゃんと廃棄することが重要です。

地球に優しい、正しい使い方で食用油と付き合っていけるといいですね。

関連記事↓

ごま油の賞味期限切れは使えるの?体に害はない?

ネギ油の保存は冷蔵庫ならいつまで大丈夫?保存方法や容器は何がいい?

ギーの保存方法は冷蔵庫?常温?どっちがいい?

賞味期限切れのオリーブオイルはいつまでなら使っても大丈夫?捨て方は?

調味料

Posted by yasu


// 更新日時をGoogleに優先して伝える 公開日:2020年5月2日