ギーの保存方法は冷蔵庫?常温?どっちがいい?

2021年4月4日

ギーの保存は冷蔵庫

ギーは最近、インドの万能オイルとして人気があがってきました。

スーパーフードに敏感な方はすでに知っていると思いますが、健康、ダイエット、キズまで治してしまう、すごいオイルなのです。

今すぐにでもほしくなっちゃいますが、ギーはどのくらいもつのか、保存するには冷蔵庫がいいのか?

気になる使い方、注意点なども知りたいですよね。

また、このオイル実はおうちでも簡単につくれちゃうんですよ。

知りたい情報をまとめてみました、ぜひ最後までおつきあいください。

ギーってどんなもの?

牛やヤギの乳から作られるバターオイルです。

余分な成分を取り除いた純粋なオイルなので、バターより腐りにくく、常温保存が可能です。

黄金色でほのかに甘い、香ばしいナッツのようなにおい。

食用として、料理に使ったり、肌に塗っても肌がつるつるに。

温めれば黄金の液体、冷蔵庫に入れても、あまりかたくならず、やわらかいペースト状になります。

パンにぬったり、コーヒーに入れたり、バターと同じような使い方で食べられます。

とっても使いやすいオイルです。

インドや南アジアの気温の高い熱帯地で古くから作られていて、インドの伝統的な医学「アーユルヴェーダ」では、医療から儀式まで、なんにでも使える万能なオイルです。

今でも100年以上保存されたギーは、貴重なオイルとして重宝されているようです。

インドは一年中夏と言っていいほどの熱帯地。

保存はどうやっているのか、気になりますよね。

ギーの保存方法は常温でよい?

ギーはオイル。

常温保存で大丈夫です。

オイルをあまり冷蔵庫に入れたりしませんよね?オイルは直射日光、酸化などに弱いので、冷暗所にふたをして保存します。

家庭で手作りしたものは、沸騰したお湯で消毒した容器に入れて、しっかりふたを閉めましょう。

また、ばい菌が入らないよう、清潔なスプーンなどで扱うこと。

ギーがよく使われている国インドでは、素焼きのツボなんかに入って冷暗所においておくだけです。

暑い砂漠の国でも、1~2年はもつようです。

また、100年以上昔のギーが重宝されている、ということは、昔は冷蔵庫なんてありませんから、保存状態がよければいたむようなことはないです。

でも、心配ならば冷蔵庫へいれても。

市販されているギーは、ココナッツオイルを混ぜたり、味付けやにおい付けがされているものもあります。

100年も保存できるようなものは、純度の高い超高級なギーだと思われます。

我々の口に入れるものは、書いてある賞味期限を守ることです。

だいたい1~2年です。

手作りのものはもっと早く、半年以内に使い切ってしまいましょう。

ギーは冷蔵庫で保存して大丈夫?

ギーを保存するのは常温で良いのですが、日本の夏は今や亜熱帯。

あまりに暑い時は、冷蔵庫へいれたほうが安心かもしれません。

インドでは常温で大丈夫でも、日本人とインド人とは体質も違います。

心配な人は気をつけるに越したことはないです。

インド人も最近の日本の暑さには「まるでインドのようだ」と、ビックリしているほどだそうですよ。

家庭で作ったギーは特に、余計なものが残っていたりすると、そこから腐ってしまう可能性もあるかもしれません。

また、冷蔵庫へ保存したからといって、品質が変わったりすることはありません。

ただ、使うとき冷蔵庫から出したらすぐにしまうようにしてください。

温度変化が激しいと、ギーに水滴がついたりして、よくありません。

ギーはどんな効能がある?

ギーはデトックスできるオイルといわれています血管内の老廃物を流しだしてくれる、LDL悪玉コレステロールを下げる、腸を刺激して便を出やすくする、ダイエット効果、美肌効果も。

マッサージオイルとして使っても、リラックス効果が得られます。

また、キズを治す、アトピーによいなど、薬としても利用されています。

抗酸化作用があるため、老化防止にもなります。

まさにスーパーオイルです。

ちょっと高級なスーパーや、ネット販売もされているため、手軽に手にはいりますよ。

自分でカンタンに作ることもできるんです。

ところでギーは。

大さじ1杯でカロリーが110kcal。

油なのでカロリーが高いです。

一日大さじ2杯(30g)程度、を目安にとどめておきましょう。

ギーの簡単な作り方

ギーは意外とカンタンに作れます。

  1. 無塩バター400gを鍋に入れ、中火で加熱。
    バターを溶かしていきます。
  2. バターが溶け、液体がぷつぷつと沸騰したら、弱火にします。
    このまま30分程煮ていきます。
    このとき泡がでてきますが、だんだんなくなります。
  3. 金色の液体ができ、下のほうにカスのようなものがたまってきたら火を止めます。
  4. 冷めたら、クッキングペーパーなどをしいたざるなどに、できたギーをそそぎ、ゆっくりろ過します。
  5. 清潔なビンなどに移して、ふたを閉めます。

余ったカスの部分もたべられますよ。

まとめ

ギーは常温で長期保存ができます。

ただ、真夏の高温多湿のなかでは、特に手作りしたものなどは不安なら冷蔵庫に保存しても。

冷蔵庫で冷やしても、品質に違いはありません。

固まりますが、固すぎず使いやすいです。

スーパーオイル、ギーは、体に良い効果がたくさんあります。

ダイエット、美肌効果、悪玉コレステロールを減らす、抗酸化作用で老化を止める、便秘の解消、キズを治したり炎症を抑える、アトピーに効くとも。

ぜひ生活のなかに取り入れて、健康、美容の向上に役立ててはいかがでしょうか。

関連記事↓

賞味期限切れのオリーブオイルはいつまでなら使っても大丈夫?捨て方は?

ナツメグの賞味期限が切れたらどうなるの?ナツメグの正しい保管方法は?

ごま油の賞味期限切れは使えるの?体に害はない?

ネギ油の保存は冷蔵庫ならいつまで大丈夫?保存方法や容器は何がいい?

未開封の油の賞味期限は?環境に優しい油の捨て方とは


// 更新日時をGoogleに優先して伝える 公開日:2020年12月1日