ドリアは冷蔵庫保存して美味しくいただこう!

2021年6月13日

ドリア冷蔵庫保存

ドリアはグラタンによく似ていますよね。

グラタンはホワイトソースの中にマカロニ・キノコ・タマネギ色んな具材が入って作られています。

ドリアはホワイトソースの中に白ごはんやお米を使った料理が入って作られたものです。

ドリアは家庭でも手軽に作れます。

家庭で作ったドリアを美味しく保存するには?

常温で置くと、(季節や室温にも左右されますが)ドリアは3時間~4時間程で傷んできます。

傷みやすいご飯・・・を使うドリアの保存を考えましょう♪

ドリアを冷蔵保存するには

ドリアは調理したご飯を使います。

白ご飯は基本冷蔵室で保存できるのは2日程です。

それ以上置くと冷蔵庫内でご飯の水分が飛んでしまってパサついてダメになります。

ドリアは、残ったご飯や・チャーハン・カレーなど色々アレンジすると種類が豊富です。

ドリアの保存の仕方も、材料・使うご飯の種類・焼く前と焼いた後の保存では美味しさに差があるのでしょうか?

焼く前のドリアを冷蔵室で保存する場合

ホワイトソースやカレールーなど、ご飯の上からソースをかけて作るタイプのドリアの場合、ご飯は時間が経つほどソースを含んで柔らかくなってしまい食感が悪くなってしまいます。

ソースを上からかけるタイプのドリアはソースと分けて保存した方が美味しくいただけます。

ホワイトソース・ミートソース・カレールー等上からかけるソースは冷蔵で保存出来るのは2日~3日です。

それ以上たつと菌が繁殖しやすくなり痛み出してきます。

それでは焼く前のドリアのソースだけを冷凍で保存するとどうでしょうか?このときは素早く冷ましてから冷凍するようにして下さい。

できれば1人前ずつ小分けにフリーサーバックや容器に入れて、何れの時も空気が入ると味を損ないかねないので、シッカリ密閉して保存するようにしましょう。

ソースだけを冷凍すると、おおよそ2週間~3週間保存出来ます。

1から作ると手間暇の掛かるソースだけを多めに作って冷凍することで、食べたい時に時短でドリアを美味しく頂くことが出来ます。

上からソースを掛けないタイプのドリアは、冷蔵室で時間が経つほど、ご飯の水分が奪われパサついて美味しくなくなります。

どちらの焼く前のドリアも冷蔵で保存する場合は2日程の保存で、早めに焼いて食べてしまうのがベストだと思います。

ドリアの長持ち保存は冷凍庫で

折角作ってもドリアは常温だと僅か3時間~4時間以上経つと傷んできます。

ドリアを保存して長く美味しく頂くには完成したドリアを冷凍室で保存しましょう。

完成したドリアを冷凍で保存すると保存期間は約1ヶ月です。

グラタン用の耐熱皿に1人前ずついれて冷凍しておくと解凍も簡単で再度加熱する時も便利です。

冷凍室から冷蔵室に移して軽く解凍してからオーブンで焼いて頂く。

冷凍室から取り出してレンジで再加熱した後に軽くオーブンで焼き色を付けてから頂く。

お好きな方法で美味しくドリアを頂きましょう。

注意して頂きたいのは、チーズをトッピングに使う場合のドリアです。

冷凍室での保存期間が長いとチーズにカビが付いたりすることがあるのでチーズの扱いに気を付けましょう。

ドリアとグラタンとの違い

グラタン発祥の国はフランスです。

では、グラタンに似たドリアはどこの国が発祥なのでしょう?

イタリア?・フランス?・スペイン?

お洒落な食べ物が発祥の国が色々浮かびますが、ドリアは海外から海を渡って来たお料理ではありません。

グラタンはフランスから来ましたが、ドリアはスイス人の料理人サリー・ワイルと言う方が戦前の日本のホテルで、グラタンをアレンジして作ったお料理です。

当時、横浜ホテルニューグランドの総料理長をしていたサリー・ワイル氏が体調のすぐれないお客様の要望に応えて考案された日本生まれの西洋料理こそがドリアです。

簡単に言うと、ピラフやチキンライス・バターライス等のお米を使った料理を耐熱皿に盛り付け、上からホワイトソースやベシャメルソースをかけチーズ・パン粉をトッピングして耐熱皿事オーブンで焼いて仕上げたお料理です。

豊富な組み合わせで、元となる米料理・具材の種類でチキン・カレー・シーフード・ミートなどドリアの前にそれぞれ付けて呼ばれています。

グラタンと同じく種類が豊富です。

ドリアを美味しく保存しましょう。

まとめ

ドリアは日持ちがしないお料理です。

季節や室温等の条件によりますが折角つくっても常温では3時間~4時間以上立つと傷みます。

作って直ぐに食べられない時は冷蔵室に移して保存して下さい。

ドリアの種類によって異なりますが冷蔵すると2日~3日保存出来ます。

冷凍で保存する場合も種類が豊富なドリアなので種類によって冷凍保存の期間にもばらつきが出てきます。

いずれの種類でも冷凍で保存する場合は約3週間~1ヶ月保存出来ます。

チーズをトッピングに使うタイプのドリアは、チーズに付くカビを防止するために再加熱する時にチーズを使いましょう。

1から作ると手間暇かかるソースも作り置きして冷凍保存する事で豊富なアレンジで長く美味しいドリアを頂くことが出来ます。

冷凍庫の使用頻度で保存しているドリアにも影響が出てきます。

常に美味しく頂ける保存期間は大体2週間位かと思われます。

冷凍庫の開閉の頻度が多いご家庭ではご注意いただきたいと思います。

関連記事↓

ドライカレーを冷蔵庫・冷凍庫で長持ち保存させよう【つくりおきに便利!】

雑炊の賞味期限は?冷蔵庫保存でいつまで食べられる?

チャーハンは冷蔵庫で保存!常温で放置は危険!?

ピラフを冷蔵庫で保存で日持ちする期間は何日?

オムライスを冷蔵庫で保存するオススメの方法とは?

 


// 更新日時をGoogleに優先して伝える 公開日:2021年5月14日