ブルーベリーの保存は冷蔵庫ならいつまで大丈夫?保存方法や容器は何がいい?

ブルーベリーの保存は冷蔵庫

ブルーベリーはお好きですか?

定番のものだとジャムは身近ですね。

また、スコーンやチーズケーキに入っていると彩りもきれいで、甘酸っぱい味がアクセントになっておいしいですよね!

ブルーベリーは6月~8月に旬を迎えます。

外国から輸入しているものは季節に関わらず一年中お店に並んでいます。

そんなブルーベリーは目に良いイメージがありますよね。

ブルーベリーの豊富な栄養素をおいしく摂取したいですね。

生で食べるのはもちろん、定番レシピといえば、やっぱりジャムではないでしょうか?

旬のブルーベリーをお鍋でコトコト時間をかけて煮込む時間も良い時間ですね~。

ジャムを作ろうとするとブルーベリーはある程度の量が必要になります。

ジャムは一度作ると日持ちもするので多めに作ってみるのもいいかもしれません。

旬の時期にお手頃にたくさんブルーベリー買ったとき、調理するまではどう保存すればいいの?

保存する前の下準備は何をすればいいの?

いつまでに食べれば大丈夫なの?

こちらでは、ブルーベリーの保存に関する疑問にお答えしていきます!

ブルーベリーの保存は冷蔵庫ならいつまで?

果物はより熟させておいしくするために、室内に置いておくこともありますよね。

しかし、ブルーベリーは乾燥に弱く、追熟しないので常温保存には向きません。

ブルーベリーはキッチンペーパーに包んでタッパーなどの容器に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れて保存しましょう。

保存できる期間は10日ほどです。

大事なことは水で洗わないこと!水で洗ってしまうと水分が腐る原因になるので洗いません。

食べる前や調理前に洗うようにしましょう。

ブルーベリーの保存は冷蔵?冷凍?

しばらくの間、ブルーベリーを食べる予定がない場合は、冷凍庫に保存するようにしましょう。

冷凍したブルーベリーは2~3カ月ほどであればおいしく食べられます。

冷凍する前にはブルーベリーを水で洗いましょう。

キッチンペーパーでしっかりと水気を取ります。

水気が残っている状態で冷凍してしまうと、霜の原因になるので注意しましょう。

冷凍すると、ケーキのトッピングなどには使えなくなりますが、ジャムやスムージーなどにはおすすめです。

用途を考えて使用するといいですね。

少し凍った状態のブルーベリーはしゃりっとした食感がまたおいしいです。

ヨーグルトやアイスにトッピングするのにぴったりです!

解凍すると水分が出てべちゃっとしてしまうので、冷凍のまま、もしくは半解凍の状態で使用するのがおすすめです。

解凍する場合は、6時間ほど前に冷蔵庫に使う分だけ入れるようにしましょう。

ブルーベリーの保存容器は何がいい?

冷蔵する場合には、キッチンペーパーに包むのでタッパーなどの容器がおすすめです。

ふんわりと包んで入れると潰れてしまうことも防げます。

冷凍する場合には、ジッパー付きの袋がいいでしょう。

しっかりと空気を抜いて、平らになるように入れます。

そうすると、次に使うときに必要な分だけ取り出しやすくなります。

冷凍したブルーベリーは長期保存が可能です。

ついつい冷凍したことも忘れそうになりますが、保存袋に日付を書いておくと期限がすぐに分かって食べ忘れも防げますよ。

ブルーベリーは栄養満点

ブルーベリーは色々な効能があって万能果実と呼ばれているんです!

まず、アントシアニンがいちごの約15倍も含まれています。

このアントシアニンが目に良いといわれる理由で、目の疲労を和らげて視力の低下を防いでくれると言われています。

また、ガンや様々な生活習慣病を抑制する効果も認められています。

他にも、ビタミンAと食物繊維も豊富です。

食物繊維に関してはバナナの約2.5倍!

果物の中でもトップクラスです。

小さな一粒に体に良い栄養素がぎゅぎゅっと詰まっています!

ブルーベリーは虫がつきにくく、育てやすいことから自宅で育てる人が増えているそうです。

ちなみに、ブルーベリーの白っぽい粉はブルームと呼ばれるもので、新鮮で完熟のしるしです。

お店で選ぶときには参考にしてみてください。

まとめ

ブルーベリーは数日の間に食べきれる?

それともまだまだ予定はない?

食べる時期で保存の方法を決めましょう!

冷蔵庫に入れる前には洗わないことがポイント!

たくさん買ってきたり、いただいたりしたブルーベリーは、10日ほどであれば冷蔵庫保存で大丈夫です。

水分が腐ってしまう原因になるので、洗わずにキッチンペーパーで包んで容器に入れます。

生で食べたり、ケーキのトッピングに使いましょう。

まだまだ余ってしまっていたら、冷凍保存しましょう。

冷凍前には洗って水気を拭き取り、ジッパー付きの袋に入れるのがおすすめです。

その際には、しっかりと空気を抜くのを忘れないようにしましょう。

冷凍したものはジャムやスムージーにして食べるのがおすすめです。

ブルーベリーは冷凍すると長期間保存が可能です。

しかし、生のような食感はなくなってしまうので、用途を考えて保存するといいですね。

ブルーベリーを保存する際にはぜひ参考にしてみてくださいね!


// 更新日時をGoogleに優先して伝える 公開日: