グレープフルーツを冷蔵庫で保存するときの方法は?保存期間は?

グレープフルーツを冷蔵庫で保存

ビタミンCも豊富なグレープフルーツ。

健康や美容のため、積極的に食べている方も多いですね。

スーパーでは、グレープフルーツをいくつか袋に入ってまとめ売りしていることが多いです。

数が多いと鮮度を保ったまま、保存するのに頭を悩ませてしまいますね。

フルーツは保存方法によって、せっかくのビタミンCなどの栄養素を半減させてしまうこともあります。

美容と健康のために食べたいグレープフルーツ。

できるだけ栄養素を減らすことなく、保存したいですね。

今回、グレープフルーツの鮮度もおいしさも栄養素も落とすことなく、保存できる方法を紹介していきます。

グレープフルーツを冷蔵庫で上手に保存する方法

グレープフルーツのほとんどは輸入品です。

グレープフルーツの多くは海外から船便で輸入されているので、輸送に時間がかかるため、防腐剤や防カビ剤が使われています。

そのため、他のフルーツに比べて傷みにくいです。

涼しい季節は常温でも日の当たらない、風通しのいい場所に保管していれば、1週間ほど日持ちします。

夏場やそれ以上保存したい場合は、ひと手間加えて冷蔵庫で保存すると2週間ほど日持ちします。

冷蔵庫で保存するときは、グレープフルーツを丸ごとポリ袋に入れます。

そして、冷蔵庫ではなく、野菜室で保存します。

グレープフルーツは暖かい地域で育つ果物なので、冷蔵庫の野菜室で保存します。

また、グレープフルーツは皮も厚く、大きいので、そのままで冷蔵庫に入れてしまいがちですが、乾燥しやすい果物なので、必ずポリ袋に入れて下さい。

ポリ袋に入れて保存すると、より日持ちが長くなります。

グレープフルーツは皮が厚いので、食べるときは皮をむいたり、カットしたりとひと手間加えなければならないですね。

冷蔵庫から出してすぐに食べられる状態で保存したいこともありますね。

そんなときは、皮をつけたまま半分にカットする、薄皮をむくと手を加えて保存できます。

皮をつけたまま半分にカットした場合は、切り口をしっかりとラップで覆い、密封します。

さらにその上からグレープフルーツ全体をラップで包みます。

ひと房ずつ、薄皮をむいたら、フタつきの保存容器に入れます。

このように手を加えて、冷蔵庫に入れて保存することもできます。

保存期間は2~3日程度ですが、できるだけ早く食べきってしまうことをおすすめします。

 

グレープフルーツの保存は乾燥に注意

グレープフルーツの皮は厚いので、乾燥しにくいフルーツかと思いますね。

見た目とは違い、乾燥しやすいフルーツなんです。

グレープフルーツの皮は、実や果汁を乾燥から守るため、厚くなっています。

そのため、乾燥には注意が必要です。

乾燥してしまうと、果汁が少なくなり、実がパサパサしてしまいます。

ところが、パッと見ても乾燥しているかどうか分かりにくいですね。

皮が厚い分、中から乾燥してくるのです。

皮がしなしなになり、弾力がなくなってくると、果汁がほとんどなく、パサパサな状態な乾燥した状態で、おいしくはありません。

保存期間が長くなると、徐々に乾燥してきます。

乾燥に気をつけて保存することがおいしさを保つポイントになります。

グレープフルーツは、他の柑橘類にくらべると日持ちし、常温保存できるフルーツです。

常温保存するときは、紙袋を活用して風通しをよくして、乾燥を防ぎます。

冷蔵保存するときは、ラップやポリ袋を活用して、保存するといいです。

おいしいグレープフルーツの見分け方

みかんやオレンジなどと同じ柑橘類の仲間のグレープフルーツ。

爽やかな香りと酸味が特徴で、ジュースやゼリーでもおいしいし、ヨーグルトとも相性がよく、サラダに入れてもおいしいです。

その使いやすさからまとめて購入される方も多いのではないでしょうか。

グレープフルーツは皮が厚いので、柑橘類の中でも割と日持ちするフルーツです。

日持ちするならなおさら、よりおいしいものを見極めたいですね。

グレープフルーツは柑橘類の中でもサイズは大きめですが、手に持ってみて、ずっしりと重みのあるものがおいしいです。

重みのあるものは、実に水分を多く含んでいて、果汁も豊富だからです。

また、細長い形よりきれいな丸みのある形のもののほうが糖度は高いといわれています。

皮がゴワゴワしたものよりなめらかでツヤのあるのもがいいです。

皮がゴワゴワしているものは、実が乾燥していることが多いです。

この特徴に気をつけると、よりおいしいグレープフルーツを選ぶことができますよ。

まとめ

グレープフルーツは、1個よりもまとめて購入することが多いのではないでしょうか。

ビタミンCも豊富なので、美容や健康のため、毎日積極的に食べる方も多いですね。

せっかくなら、おいしさもビタミンも保ったまま、保存したいものです。

保存方法に一工夫することで、おいしさを保ったまま保存することができます。

ちょっと手を加えて、グレープフルーツをよりおいしく食べられるようにしてみてはいかがでしょうか。