Q&Dタピオカ(Q&D Tapioca)って賞味期限はどのくらい?

Q&Dタピオカ賞味期限

社会現象レベルでの大流行から、今や人気定番ドリンクの一つになったタピオカ。

色々なお店が、それぞれの趣向を凝らして作り出したタピオカドリンクは、数えきれないほどの種類に登ります。

たくさんのお店が出店する中、今大阪で大人気のQ&Dタピオカはご存知でしょうか?タピオカ激戦区でもある大阪の中でもおすすめするファンが多い、注目のタピオカショップです。

その魅力は本場の台湾から上陸したという本格派の味とお茶の高いクオリティ。

味を求めるタピオカ通にぴったりのお店です。

タピオカドリンクといえば飲み歩きですが、もちろんQ&Dも持ち帰りができるので、お友達と喋りながら、ウィンドウショッピングを楽しみながらドリンクを味わうことができます。

しかし、ボリュームもあるタピオカドリンク。

ゆっくり飲んでいるうちに随分と時間が経ってしまった…そんなこともあるかと思います。

ナチュラルな素材が使用し、注文を受けてから作るホームメイド品ですので、賞味期限が少し気になりますよね。

購入時からどのくらいの時間であれば、美味しく安全に飲むことができるのでしょうか?

本記事ではQ&Dタピオカの特徴や魅力、またタピオカドリンクの賞味期限についてまとめてみました。

すでにQ&Dタピオカのファンの方、これからQ&Dタピオカに行ってみたいなぁと思っている方、是非読んで参考にしてみてください。

Q&Dタピオカは本場台湾の味!?おすすめのポイント!

まずはQ&Dタピオカについて詳しくご紹介します。

Q&Dタピオカは、タピオカドリンクの本場台湾で大人気のショップ。

2017年に日本に進出し、現在は北堀江、アメ村、中崎西の3店舗を展開中です。

まだまだ店舗数は少ないものの、タピオカ激戦区である大阪で人気の高いお店です。

Q&Dの名前の由来は、Quality(品質)のQ、Delicious(美味しい)の頭文字であり「高品質の美味しいものを提供する」というコンセプトから。

その名の通り、メイン材料のタピオカと茶葉だけでなく、使用するお砂糖や牛乳にまでこだわり抜き、とても満足度の高い一杯を作り上げています。

Q&Dタピオカの一番の売りは、香り高い紅茶が味わえること。

台湾紅茶の代表格である「日月潭」、口当たりの良い「アッサム」、濃い香りとすっきりとした後味の「紅玉」、ミルクティーにぴったりな定番の「セイロン」の4種類から、お好みの紅茶を選んで作ってもらうことができます。

入れたての紅茶は香り高く、フレッシュで飲み歩きではもったいないと思ってしまうほどのクオリティです。

材料は全て台湾から直輸入。

日本にいながら本場の味をそのまま楽しめるのもQ&Dの大きな魅力です。

また、タピオカドリンクといえばお好みに合わせたカスタマイズができることでも有名ですがもちろんQ&Dタピオカも細かい指定が可能です。

甘さは甘め〜なしまでの6段階、氷の量もなし〜多めに加えてホットの5段階をチョイスできますので、自分のベストのタピオカドリンクを飲むことができるのです。

かゆいところにも手がとどく、そんなところもQ&Dタピオカが人気の理由かもしれませんね。

タピオカドリンクの賞味期限は?

何時間後まで飲んで大丈夫?Q&Dタピオカのドリンクは味もさることながら、もちもちとしたタピオカがたっぷり入ってボリュームも大満足。

途中まで飲んだらお腹がいっぱいになってしまった…ということもあるかと思います。

そんな場合は何時間後まで美味しく安全に飲めるのでしょうか?ナチュラルな素材で作られたQ&Dタピオカは、やはり作りたてが最高の味。

できるだけ早く飲み切るのが理想ではありますが、3〜4時間であれば持ち歩きながら飲んでも美味しさを保って楽しめます。

そのくらいの時間があれば、休憩を挟みつつ十分に完食することができますね。

ただ、季節によってはあまり長時間持ち歩くと危険な場合も。

夏場は気温も上がり、湿度も高いので注意が必要です。

特に牛乳の入ったドリンクに関しては、夏場は冷たいうちに飲み切った方がいいでしょう。

少し飲むのに時間がかかりそうなときは氷を多めに入れてもらったり、少しでも保冷できるようタオル等をカップに巻いて飲むなどの工夫をするといいですね。

それよりも長い時間、例えば家まで持ち帰ってしまった場合に関してはその日のうちには飲み切りましょう。

長時間水分に浸かったタピオカは弾力が失われ、紅茶の味も少しずつ落ちていきますが、安全には飲めます。

家に持ち帰った場合に一つ守りたいのが、持ち帰ったタピオカドリンクを冷蔵庫に入れないこと。

「明日飲もう」と冷蔵庫で冷やしてしまうと、タピオカが硬くなってしまうので美味しく食べられません。

せっかくの高クオリティのQ&Dタピオカのドリンクですから、できるだけ作りたての美味しさが味わえるうちに飲み切ることを意識して楽しみましょう。

まとめ

大阪で大人気のQ&Dタピオカの魅力と特徴、そしてタピオカドリンクの美味しく飲める賞味期限についてご紹介してきました。

最後にポイントをまとめます。

  • Q&Dタピオカは本場台湾で人気のショップで2017年に日本に進出
  • 現在は北堀江、アメ村、中崎西の3店舗
  • 台湾直輸入のこだわり抜いた材料を使用した高クオリティさが魅力
  • お好みに合わせたカスタマイズが細かく指定できる
  • 3〜4時間程度は作りたての美味しさが楽しめる
  • 持ち帰った場合はその日のうちに飲み切る
  • タピオカドリンクは冷蔵庫で冷やさない数あるタピオカショップの中でも抜きん出たクオリティと味が魅力のQ&Dタピオカ。

本場の味を感じたい!という方にぴったりのお店です。

まだ行ったことのないタピオカ好きの方はぜひ一度お店に足を運んで見てください。