ヴァームは賞味期限切れでも大丈夫?粉末の場合は?

2021年2月6日

ヴァームは賞味期限切れ

ダイエットなどを目的としたスポーツを行う際に飲むと、体脂肪の燃焼効果が期待できるとされるヴァーム。

スポーツ時に愛飲している方も多いと思います。

ヴァームにはドリンクタイプと、粉末タイプがあるのをご存じでしたか?ここではヴァームの賞味期限についで紹介します。

賞味期限切れのヴァームは腹痛の心配は不要?粉末の場合は?

基本的には「賞味期限」が設定されている場合、お腹を壊すタイムリミットというわけではないので、心配する必要はありません。

ペットボトルや缶などのドリンクタイプは、一度口を付けてから数日開いてしまっている場合は、菌が繁殖している場合が無くはないのですが、一般的には1日以内で飲みきれる量のため、このせいでお腹を壊したという報告は見つかりませんでした。

粉末タイプであれば、水分が含まれない分、さらに賞味期限は長くなっていて、また賞味期限が切れたからといって、水と混ぜたときに味が変わっていたり、色が濁っていたりという場合もほぼ無いようです。

もし、賞味期限切れのヴァームが濁っていたりする場合は、飲まない方がいいと思います。

しかし、ヴァーム愛飲者の中には、粉末のヴァームの賞味期限が2年以上切れているもので作成したドリンクを飲んでも、何の変化もなく、体調にも全く影響がなかったと報告しているブロガーもいます。

あくまでもインターネットの情報ではあるのですが、過度に心配する必要は低いと考えて大丈夫です。

粉末のヴァームが賞味期限切れだった!脂肪燃焼は期待できないの?

ドリンクタイプでも、粉末タイプでも、賞味期限が切れていてもあまり体調などに変化が及ぼされることは少ないようですが、肝心の脂肪燃焼効果についてはどうでしょうか?

こちらも明確なデータが無いので、あくまでも、筆者の個人的見解ではあるのですが・・・「対して変わらない」と考えられます。

公式ホームページによると、凍らせても問題ないと記載があり、(ただしゼリーに関しては、味わいの面で凍らせないことをおすすめしてあります)凍らせたりしても成分自体になんら影響がないことから、安定した成分なのではないかという印象を受けるからです。

脂肪燃焼効果として期待されるスズメバチのアミノ酸「V.A.A.M」ですが、スズメバチのスタミナのモトとされるアミノ酸から得られたものです。

賞味期限が切れてしまうと、多少効果が減弱する可能性もあるのかもしれませんが、量は変わらず一定が含まれていますから、運動と併用して飲用する場合には効果を期待しても良いのではないかと考えます。

そもそも、ヴァームはダイエット目的で飲んでいる方も多いのですが、これは「痩せ薬」ではありません。

スズメバチが小さな体で、長距離飛行できるようになるための「栄養剤」のような物から得られた成分なので、あくまでも運動の補助的存在だと思いましょう。

その脂肪燃焼効果を期待するためには、運動前20~30分前がおすすめとされています。

運動時に汗で失われる電解質を補給する効果もありますから、熱中症対策としてもうってつけですね。

気になるお味は、グレープフルーツとパイナップルの2種類があるようです。

どちらも運動時にも飲みやすそうなさわやかな味を想像します。

飲んでみるとスポーツドリンクのような味に近いのですが、スズメバチ由来の成分V.A.A.Mの影響か、後味に苦みを感じます。

飲み込んだ後に、渋みというか、苦みというか、独特の味がしますので、苦手な方は苦手かもしれません。

しかし、ダイエットをしている方にとって脂肪燃焼はうれしい効果ですよね!

苦みは感じられるものの、我慢できないほどの苦みではありません。

飲んだことのない方は、ぜひ飲んでみてくださいね。

粉末ヴァームは賞味期限切れの心配はとりこし苦労?ダイエットの強い味方に

いろいろな情報を探してみましたが、賞味期限切れのヴァームを飲んだからといって、味やにおいが変わっていたり、健康被害が起きたりというような報告は見られませんでした。

しかし、賞味期限切れの場合、飲む際にはあくまでも自己責任で飲みましょう。

正しく活用すれば、脂肪燃焼の強い味方となってくれるヴァーム。

おすすめは、ウォーキングや水泳などの有酸素運動の組み合わせですよ!

ヴァームは日常的な運動時におすすめの「ヴァーム」のほか、ここぞ!という力を出し切りたいとき又は高負荷トレーニングに最適な「スーパーヴァーム」とが発売されています。

ポイントとなるヴァームは、どちらも同じ量含まれているようですが、スーパーヴァームの方が、運動時のエネルギーを作り出したり、体内の代謝を高めるような成分(コエンザイムQ10とカルニチン)がプラスされ、より高いレベルの成果が発揮できるのでは、と期待できますね!

アスリートやダイエッターの強い味方である成分ヴァームを補って、より効率的に運動を行うのがおすすめです。

関連記事↓

賞味期限切れのアクエリアスは飲んでも大丈夫?

賞味期限切れのエナジードリンクはいつまで飲んで大丈夫!?

賞味期限切れのジュース(ペットボトル)はいつまで飲んでも大丈夫?