ラザニアは冷蔵庫に保存で期間はどれぐらい?冷凍のコツやおいしい解凍方法はあるの?

2021年3月23日

ラザニアは冷蔵庫に保存

ラザニアは、ミートソースとホワイトソースがあれば、あとはオーブンで焼くだけで簡単に作ることができます。

ただ、そのミートソースとホワイトソースを手作りするところから始めると、時間がかかってしまうので、丁寧に作れば手間がかかる料理でもあります。

しかし、ラザニアは、大きい器で作ればパーティー料理にもなりますし、お弁当に入れるだけで少し豪華になる一品です。

そこで、ラザニアの正しい保存の方法を紹介していきたいと思います。

ラザニアは冷蔵庫で保存したらどれぐらい保存できるの?

ラザニアを作ったけど残ってしまった場合、冷蔵庫で保存すると思いますが、どれぐらいの期間保存できるのでしょうか?

ラザニアに使われているミートソースには、ひき肉を使用します。

ひき肉は火を通しても3日程度しか日持ちしないので、2~3日のうちに食べきりましょう。

もちろん食べてみて、変な味がしたときは無理して食べないようにしてください。

調理済みのラザニアを冷蔵庫に保存する時は、まずラザニアの粗熱をしっかりと取ってからサランラップをしてください。

熱を持ったままサランラップをすると、ラザニアの熱で水分が出てしまい、食感が悪くなってしまいます。

粗熱が取れたら、ラザニアが乾燥してしまわないようにしっかりとサランラップで包んでください。

隙間ができないように2枚のサランラップを重ねるようにしてもいいかもしれません。

冷蔵庫に保存したラザニアを食べるときは、電子レンジで加熱してください。

600wで2分程度で温めることができます。

ラザニアを冷凍庫で保存する時のコツはあるの?

ラザニアは冷凍保存が可能なメニューです。

しかも、冷凍保存しておけば、いつでも食べたいときにラザニアを食べることができるのです。

そこで、冷凍庫で保存する時のコツをいくつか紹介します。

冷凍保存する予定でラザニアを作る場合もともと、冷凍保存をすることも視野に入れてラザニアを作るときは、特に中に入れる食材に注意が必要です。

具体的には、一度冷凍した食品を解凍してラザニアに入れて、再冷凍するのはやめておきましょう。

一度解凍した食品は、細菌汚染の可能性が高く、食感や風味が変化してしまいます。

なので、例えば、冷凍のひき肉やソーセージ、野菜やキノコ類は使わずに、冷凍をしていない新鮮な食材を選びましょう。

ラザニアを作ったら、冷凍が可能な耐冷皿に入れておけば、そのまま冷凍保存でき、そのままオーブンで焼くこともできます。

もちろんそういったお皿がなければ、解凍をして調理をするときに、移し替えるようにしてください。

冷凍前にラザニアを焼いておいた場合実はラザニアは、冷凍前に焼いておいても、焼かずでも、どちらでも食感を変えることがなく食べることができます。

保存する時に都合のいい方法で選ぶようにしてください。

もし、冷凍前に焼いたラザニアを冷凍する場合は、ラザニアの熱を完全に冷ましてから冷凍するようにしましょう。

熱いまま保存すると、ラザニアの熱によって水分が出て、食べるときにべちゃっとした食感になってしまいます。

熱を冷ますために、一旦冷蔵庫に入れておいてもいいでしょう。

完全に冷めたら、空気に触れないようにしっかりとサランラップで包んで、その上からアルミホイルを重ねるようにして保存します。

また、大きめのラザニアを保存する時は、1人前ずつ切ってから保存すると、1人前ずつ解凍して食べることができます。

その時も冷めてから保存するので、ラザニアを切るときに崩れる心配もありません。

切り分けたラザニアは、1人前ずつラップに包み、ジップロックなどの保存袋に入れて空気を抜いてから保存しましょう。

このように保存したラザニアは、冷凍庫で3か月程度保存が可能になります。

冷凍したラザニアのおいしい解凍方法は?

冷凍前に焼いていないラザニアを解凍する場合は、食べる前日に冷蔵庫で自然解凍してから、焼くのがおいしく食べるためのコツになります。

解凍しないままオーブンで焼くと、一部が凍ったままえ、焼きムラが出る可能性があり、そうなると味や食感が落ちてしまいます。

また、前日に解凍しておくことによって、当日調理する時に焼き上がりを確認しながら焼くことができます。

まず、オーブンを180度の余熱で温めておきます。

オーブンが温まったら、自然解凍しておいたラザニアを入れるのですが、ラザニアを包んでい置いたサランラップはすべて外して、ラザニアの表面にアルミホイルを覆うようにして入れましょう。

そうすることで、ラザニアの中身が温まる前に、表面が焦げてしまうのを防いでくれます。

ラザニアをオーブンで30分程度焼いたら、焼き具合を確認しましょう。

皮がカリカリとしたものが好きであれば、焼き終わる最後の10分はアルミホイルを取って、表面が焼けるようにしてみてください。

冷凍前に焼いておいた調理済みのラザニアを解凍する場合は、電子レンジで温めるだけで食べることができます。

ラザニアを耐熱皿に入れて600wの電子レンジで3分程度加熱します。

表面がぐつぐつしてきたら完成です。

ラザニアは、普段の献立から、パーティ、お弁当までいろいろなシーンで役立つメニューの一つです。

様々な保存方法で、正しく保存しておけば、それぞれのシーンで活躍すると思うので、試してみてください。

関連記事↓

ビーフストロガノフは冷蔵庫でどれくらい保存できる?

ラタトゥイユは冷蔵庫保存でどれぐらい?コツや簡単なリメイク方法は?


// 更新日時をGoogleに優先して伝える 公開日:2020年12月25日