ローズマリーは冷蔵庫に保存していいの?方法に色々種類があるの?

ローズマリーは冷蔵庫に保存

ローズマリーは、主に肉料理に使われるハーブの一つで、肉の臭みを消してくれる作用があります。

また、古代ギリシャでは、頭脳を明晰にしてくれるという言い伝えもあるそう。

でも、ローズマリーを買ってきても上手く保存ができずに、変色してしまった経験はありませんか?そこで、ローズマリーの正しい保存方法を紹介したいと思います。

ローズマリーを冷蔵庫に保存する時の方法は?

ローズマリーは、緑が美しくて爽やかな香りが特徴のハーブです。

一年中収穫することができるので、スーパーなどでいつでも手に入れることができます。

ローズマリーを買ってきたら、パックのまま冷蔵庫に保存する人も多いと思います。

しかし、そのまま冷蔵庫に保存すると、いつの間にか乾燥して茶色くなってしまいます。

ローズマリーを冷蔵庫に保存する時のポイントはパックのまま保存するのではなく、ローズマリーをパックから出してペーパータオルに包んで、ジップロックなどに入れてから冷蔵庫に保存するようにしましょう。

より長持ちさせたいのであれば、冷蔵庫より野菜室に立てて入れると緑色を保ったまま1週間程度は保存できます。

またローズマリーは常温でも保存可能で、水を張ったコップへ枝を漬けるだけです。

ただ、毎日水を変えないといけませんが、キッチンなどにローズマリーをつけたコップを置いておくだけで、日持ちするだけでなくさわやかな香りも楽しめるので一石二鳥です。

実は、ローズマリーを水に浸けて数日すると、根元にひげ根が伸びてきます。

それを、プランターなどに植えると、いつでもローズマリーを常備することができます。

ローズマリーは育てやすいハーブの1つと言われているので、試してみてもいいかもしれません。

ローズマリーを冷凍庫で保存する方法は?

どれぐらいの期間保存できるの?先ほど書いたように、ローズマリーは乾燥することで変色してしまうので、長期間保存するのであれば冷凍庫へ保存することもできます。

方法は、よく水洗いしたローズマリーの水分をキッチンペーパーで拭い、小分けにサランラップで包んでジップロックへ入れて保存するだけです。

使う料理によってみじん切りにしておけば、凍ったまま料理に振りかけることができます。

冷凍庫で保存することで、1か月は日持ちするので、長期保存をするのであれば冷凍庫を利用しましょう。

1か月程度の保存であれば、香りも保つことができます。

ローズマリーの他のおすすめの保存方法は?

ローズマリーを冷蔵庫や冷凍庫へ保存する以外に保存できる方法はないのか調べたので紹介したいと思います。

ローズマリーのオイル漬け

ローズマリーを含めたハーブ類は、オイル漬けにすることができます。

方法は、まずローズマリーをよく洗って汚れを取ってから、キッチンペーパーなどで水気を拭います。

そのローズマリーを清潔な容器に入れて、ローズマリーが浸かる程度のオリーブオイルを注いで蓋をします。

煮沸消毒をした密閉できる瓶へ保存するのがおすすめです。

それを2週間程度冷暗所に置いておくと、オイルにローズマリーの香りが移るので使い時です。

肉や魚料理の風味付けに使いましょう。

オイル漬けにしたら2~3か月保存することができます。

ローズマリーだけじゃなく、他のハーブをミックスしてオイル漬けすると、また違った味わいを楽しうことができるので、自分好みのオイル漬けを作って楽しむのもいいかもしれませんね。

ローズマリーの塩レモン

ローズマリーとレモンはどちらも香りが爽やかで相性がばっちりなんです。

ローズマリーの塩レモンを作る方法は、しっかりと洗ったローズマリーとレモンを準備します。

レモンはくし切りか輪切りにしておいてください。

煮沸消毒した瓶に、ローズマリーやレモン、そして塩を重ねて入れていきます。

1日2回、その保存容器を振って中身を混ぜることで、ローズマリーの香りを馴染ませていきましょう。

1週間経てば味が馴染んでくるので、料理に使えます。

直射日光が当たらない場所に置いておくと1か月程度保存可能です。

唐揚げやサラダなどにそのレモンをかけるだけで、いつもとは違ったローズマリーの香りの塩レモンでおいしさがさらに増します。

ローズマリーのはちみつ漬け

ローズマリーははちみつに漬けて保存することもできます。

方法は簡単で、よく洗って乾かしたローズマリーを保存容器に入れて、ローズマリーが浸かる程度にはちみつを注ぐだけです。

この保存容器も煮沸消毒しておくことをおすすめします。

毎日容器を振ってかき混ぜることで、ローズマリーの風味をはちみつに移して、室温で1~2週間保存するだけで完成です。

果物酢にこのローズマリーのはちみつを加えて炭酸で割ると、より爽やかなドリンクに仕上げることができます。

ハーブ料理となるとちょっと敷居高い感じがしますが、馴染みのあるオイルや調味料に漬けるだけでローズマリーの香りが移るので、いつもの料理がワンランプアップさせることができます。

今回、ローズマリーの保存方法をいろいろ紹介しました。

冷蔵庫での保存のコツや、冷凍保存だけじゃなくて他にも長期に保存できる方法があることが分かったので、お料理に合った保存方法を選択してみてください。


// 更新日時をGoogleに優先して伝える 公開日: