バジルソースを冷蔵庫で保存するときのコツはあるの?パスタ以外のアレンジ方法は?

バジルソース冷蔵庫保存

バジルソースはバジルを使ったソースで、人気のあるソースです。

また市販のものだけではなく、家庭菜園でバジルを育てる人も多いので、自宅でソースを作ることもあると思います。

バジルソールは、それだけで完成したソースなので、他になにかを加えなくても、料理がおいしく仕上がります。

作ったバジルソースの正しい作り方と、保存方法を知って、最後までおいしくいただきたいと思います。

バジルソースの保存方法は?冷蔵庫で保存できるの?

手作りのバジルソースは、清潔なビンへ保存するのがおすすめです。

ビンは衛生面を考えて、しっかりと煮沸して消毒をしましょう。

そのあと、水気がないように乾燥させます。

出来上がったソースをビンの8割程度入れて、オリーブオイルを注いで、膜を貼ったら蓋を閉めます。

冷蔵庫では、1週間程度は保存可能です。

ビン詰したソースは、冷凍保存もできます。

冷凍へ保存する場合は、ジップロックなどの密閉可能な保存袋に平らになるように伸ばしてソースを入れて、空気を抜いてからジッパーを閉めましょう。

この状態で冷凍庫へ入れると、2週間程度は保存ができます。

ちなみに、使い切れなかった市販のバジルソースの開封後も冷蔵保存が可能です。

使いかけのバジルソースは、オリーブオイルを直接注ぎ膜を張ることで、酸化を防いでくれます。

バジルソースを保存容器に入れてからオリーブオイルを注いで冷蔵庫に保存するようにしましょう。

バジルソースが酸化してしまうと、色が黒く変色し、おいしさが半減してしまいますので、早めに使い切るようにしましょう。

どうしても使い切るのが難しい場合は、冷凍庫へ保存しましょう。

冷凍庫へ保存する時は、手作りのソースと同じ方法で、保存期間も2週間程度です。

解凍するときは、自然解凍や凍ったまま料理に使えます。

バジルソースを冷凍庫に保存する時点で、お箸などで溝を作って冷凍しておけば、使う分だけバジルソースを割って取り出すことができます。

正しいバジルソースの作り方

バジルソースの作り方は様々で、初めてバジルソースを作る人は、バジルペーストを作るのがおすすめです。

バジルペーストは、ある程度バジルの形を残した状態のソースです。

ただし、ソースとはいっても、ドロッとしたペースト状なので、様々な料理に活用しやすいソースです。

バジルシースを作るときの基本の材料は、バジル、食感をつけるためのマツの実、風味付けの粉チーズ、にんにく、オリーブオイル、塩です。

松の実がない場合は、甘さ控えめのアーモンドやナッツなどであれば代用ができます。

それらの材料をミキサーに入れて混ぜ合わせます。

完全に混ざったら、仕上げにオイルと和えて完成です。

ミキサーがない場合は、材料をすり鉢で完全につぶれるまで混ぜ合わせる方法でも作ることができます。

バジルソースは、形にとらわれません。

例えば、バジルを食べやすい大きさに切って、ニンニクやオリーブオイルと和えたものも、バジルソースといいます。

なので、自分の好みのバジルの大きさや分量など材料を調整しながらバジルソースを作ることができます。

さらにおいしく作るためのコツ・バジルは水に弱いので、バジルの汚れを落とすときは、濡らしたキッチンペーパーでふき取るようにしましょう。

  • 粉チーズは入れないほうが、お料理に活用しやすいです。
    料理に直接粉チーズを振りかけてもいいでしょう。
  • バジルは熱に弱いので、ミキサーを使うときは、時間を短くするように注意しましょう。
  • 松の実やナッツ類は、軽く乾煎りおくと、風味が出てきておいしさが増します。

バジルソースのアレンジ方法は?

バジルソースはそのまま使用してもおいしくいただけるのですが、アレンジをすることでさらにおいしく、料理の幅を広げることができます。

バジルソースに七味唐辛子をまぜれば、パンチの利いたソースとなり、ホワイトソースと合わせると、さらに濃厚なソースになります。

バジルマヨブルスケッタバジルソースとマヨネーズを混ぜて、パンに塗って焼くだけです。

おしゃれな朝食としてもいいですし、ワインのお供にもなります。

バジル風味のポテトサラダいつもご家庭で作るポテトサラダにバジルソースを加えるだけで、デリ風のポテトサラダになります。

鮭のバジルマヨ焼き鮭にバジルソースとマヨネーズを混ぜて物を塗って、焼くだけです。

キノコとトマトのバジル炒めマイタケやエリンギなど、適当な大きさ切ります。

トマトは6等分のくし切りにして、さらに半分にしておきます。

フライパンに油をひいて、キノコ類を炒めてしんなりしてきたら、トマトを入れて、バジルソースを加えて完成です。

バジルソースは、基本的な作り方を覚えると、いろいろな料理に活用できます。

アイディア次第では、イタリアン以外にも肉や魚、野菜、麺などにアレンジができます。

保存期間は冷凍であれば、2週間程度とあまり長期保存には向かないので、いろんなアレンジレシピを試し、バジルソースを使いこなしましょう。