QP(キユーピー )ドレッシングの賞味期限は大丈夫?

QPドレッシングの賞味期限

さて皆さん、いきなりですが、ご自宅にあるドレッシングの賞味期限はわかりますか?

おそらく知っている人は少ないのではないでしょうか。

一人暮らしだと、大量のサラダを頻繁に食べる方しか使い切れないという方も多いと思います。

筆者も一人暮らしをしている頃、「このドレッシングっていつ買ったっけ・・・」とわからなくなることが多いものとしてドレッシングには頭を抱えていました。

ドレッシングの賞味期限っていつ?いつ捨てるべき?食べても大丈夫?について紹介していきます。

記載されている賞味期限は意味がない?QPドレッシングは?

一般的に、市販のドレッシングには「お早めにお召し上がりください」と表記されており、開封後は1か月以内の消費が望ましいです。

ここで、ラベルの賞味期限は「開封前」のものですから、開封済みであればラベルの賞味期限はあまり参考になりません。

じゃあ、どこを見るの?と思った方、実は大切なのは開封した日から何日経ったかがポイントなのです。

これからドレッシングの賞味期限についてご紹介をしていきましょう。

はじめに、賞味期限と消費期限ってどういうもの?というのをご紹介します。

一般的に、腐りやすい食品には、安全に食べることが出来る目安になる「消費期限」が設定されます。

生魚や精肉、お惣菜がこれに当たります。

「お腹を壊さないように、この期限までには食べてください」と注意する期限としてとらえてください。

一方で、賞味期限は比較的腐りにくい食品に記載されます。

食品メーカーとしては、「せっかく食べるのであれば、この期限までの方がおいしいので、この日付までに食べるのがおすすめですよ」といったニュアンスですね。

そのため自己責任の元であれば、賞味期限を多少過ぎていても、食べてすぐにお腹を壊す心配はありません!

市販のドレッシングは未開封であれば長期的に保存が効くので、賞味期限がラベルに載っています。(手作りのドレッシングや無添加商品には、消費期限が設定されている場合もありますので、気を付けてください。)

未開封の場合、商品によっても違いますが数か月~1年間保存できるものも多いですよね。

こんなに長く保存ができるのは、ボトルで密封されているからなのです。

開封済みのドレッシングは一度チェックする必要が高いです。

どんなにきれいな家でも、無菌空間でない限りは見えないだけで空気中には雑菌がいます。

一度でも容器を開けると、空気がドレッシングに触れますから、その瞬間から、雑菌に触れ、劣化が始まります。

そのため、一度でも開けたドレッシングは、ラベルに記載されている賞味期限よりも短いです。

目安としては、開封してから1か月以内には使い切るようにするのがベターです。

特に夏場には品質が変わりやすいです。

特に注意が必要ですね。

QPドレッシングはどれくらい?賞味期限と保存方法は?

QPドレッシングでは、未開封で、製造日を含め8か月が賞味期限と設定されています。

開封したドレッシングについては、「お早めにお召し上がりください」とのこと。

長くとも1か月以内に食べきるのが良いでしょう。

保存法については、未開封ならば常温で、日差しの当たらない涼しい場所としています。

また、開封後は冷蔵庫内がおすすめと記載してありました。

低温では多くの菌が活動できません。

一度でも雑菌が混入した可能性があるものは、雑菌が増えないように、温度の低い冷蔵庫での保存が良いと思います。

雑菌の増殖や影響を最小限に抑えることができますよ。

自宅の食べかけや開封済みのドレッシングが、常温で保管されていた場合、変質し始めている可能性も・・・。

まずはしっかり観察し、カビのようなものが漂っていないか?色が変わったりしていないかをチェックしましょう。

見た目には変化がなくても、食べる前には異臭がしないか確認し、味見をしてみましょう。

買ったときよりも酸っぱく感じたり、舌がびりびり、ジカジカとしびれるような感覚がないかを確認しましょう。

今は100円均一などでもたくさんのラベルシールが売ってあり、中には開封した日付を書き込むことができるシールも手に入ります。

ドレッシングを開封する際には、開封した期限を記したり、いつまでに食べきる!など期限を設け、必要に応じてドレッシングも断捨離するように心がけましょう。

今すぐQPドレッシングの賞味期限をチェックして!

いかがでしたか?スーパーなどで購入する際は、家庭でサラダを食べる頻度や、人数によって、必要以上の量を買ってしまうと無駄になってしまうことも。

大容量やお得という文字に惑わされて大きいものを買うと無駄になってしまうことも。

家族で1か月程度で食べきれる量を購入するようにし、月に1度くらいは冷蔵庫整理ついでに期限をチェックし、おいしく食べることができる「賞味期限」までに使い切れるよう工夫して食べたいですね。


// 更新日時をGoogleに優先して伝える 公開日: