賞味期限切れのシュークリームは食べたら危険?オススメの保存法は?

賞味期限切れのシュークリーム

柔らかい皮の中にたっぷりクリームの詰まったシュークリーム。

おやつやお土産としても定番で、喜ばれる人気のスイーツの一つです。

クリームを贅沢に頬張る感覚は、ケーキとはまた違った幸せを感じます。

また、他の生菓子に比べて比較的リーズナブルに買えるという点も、シュークリームの魅力の一つですよね。

しかしこのシュークリーム、ケーキ屋さんなどで購入すると持ち歩き時間を聞かれて保冷剤をつけてもらうことからわかるように生ものと同じ扱い。

賞味期限も、当日や翌日までと短いことが多く、うっかり多めに買ってしまうとあっという間に賞味期限を切らしてしまいます。

牛乳や卵、生クリームがたくさん使われている食品なので、賞味期限が切れてしまったものは少し食べるのが心配です。

今回の記事では、そんなシュークリームの食べられるかどうかの見極め方や、余らせてしまった場合についてご紹介します。

シュークリームを余らせず美味しく食べきりたい方、ぜひ参考にしてみてください。

賞味期限切れのシュークリーム、どのくらいなら食べても大丈夫なの?

前項でも少し触れた通り、シュークリームは購入後少し長く持ち歩く場合は保冷剤をつけてもらう事があります。

特にケーキ屋さんで売っているようなホームメイドタイプがそうですね。

そこからわかるように、シュークリームはケーキと同じく生もの扱いであり、できる限り冷えた状態を保って早く食べなければいけません。

ホームメイドタイプのものであれば賞味期限は当日中、長くても翌日までに指定されている事が多いようです。

スーパーやコンビニに売られている、プラスチックの袋で個包装されているタイプのシュークリームについても長くても消費期限が製造から2〜3日ですので、密封タイプといえどもあまり余裕があるわけではありません。

しかし、一日すぎたからもう絶対食べられないというほどシビアではありません。

帰宅しすぐに冷蔵庫で保管していれば、賞味期限の翌日くらいまでは食べても問題はないと思います。

ただ、少し長い時間暑い場所に放置してしまったり、夏場に長時間持ち歩いたものは腐敗が始まっている可能性もあるので食べる前にチェックが必要です。

純生クリームが使われているものは夏場であれば3時間もあれば腐敗が進んでしまうので、特に気をつけてください。

  • クリームがドロドロに溶け出している、分離している
  • シュー生地やクリームにカビが発生している
  • 牛乳が腐ったような異臭がする
  • クリームの味が変に酸っぱい

こういった特徴が見られたら腐り始めた証拠。

たとえ賞味期限内のものであっても食べるのはやめてください。

腐ってしまったシュークリームは、腐敗した乳製品などと同じで下痢や吐き気といった症状を引き起こす可能性があります。

少しでもおかしいなと感じるポイントがあれば食べるのは諦めて廃棄するのが賢明です。

シュークリームがどうしても食べきれない…そんな時は冷凍庫へ!

すぐ冷蔵庫に保管して、できるだけ早く食べなければいけないシュークリームですが頂き物などで数が多すぎてどうしても賞味期限以内に食べ切れない…そんな事態が起きることもあります。

その場合ですが、実はシュークリームは種類によって向き不向きはありますが、冷凍することもできるのです。

冷凍に向いているのは、カスタードクリームのシュークリームか、ホイップが入っていても比率が少なめなもの。

ホイップクリームはどうしても冷凍をすると水分が抜けてポソポソしてしまい、解凍時に食感や風味が悪くなりがちなのでホイップオンリーや比率多目のものはあまり冷凍保存に向きません。

逆にカスタードクリームは冷凍しても多少味が落ちる程度でそこまで気にせず食べられます。

冷凍庫での保存はおよそ1ヶ月以内を目安にして食べきります。

ただ、一度解凍したら再冷凍できないので、食べ切れる量ずつ解凍するようにしてくださいね。

プラスチック袋で個包装になっているものはそのまま冷凍庫へいれてOK。

そうでないものは潰さないようにラップで包み、チャック付き保存袋かタッパーに入れて冷凍庫へ入れてください。

食べる際は、完全に解凍しきってしまうよりも、半解凍くらいで食べるのがオススメですよ。

そうすることでクリームの風味の劣化が感じにくく、美味しく頂けます。

シューアイスのような味わいになるので、冷たいデザートとして特に夏場にはぴったりかと思います。

まとめ

シュークリームの賞味期限や保存法についてご紹介しました。

基本的にケーキと同じ生ものと考え、持ち運びや保存すれば大丈夫です。

最後にポイントをまとめます。

  • シュークリームの賞味期限はホームメイドタイプなら購入当日か翌日まで。個包装のタイプなら長くて2〜3日以内
  • 賞味期限が切れたものは、+1日以内に食べ切る
  • 腐敗の特徴が出ているものは食べずに廃棄する
  • 食べ切れない場合は冷凍保存もできる。冷凍後は1ヶ月を目安に食べ切る。

クリームのフレッシュな味わいが大きな魅力のシュークリームですから、賞味期限を切らすことなく、安心して新鮮な美味しさを楽しみたいですね。

でも、もしご自宅にシュークリームがたくさんあって、賞味期限までに食べ切れずに余ってしまうようなことが起きたら、ぜひ冷凍保存も試してみてください。