ソフトクリームを冷蔵庫に保存するとどうなるか?

ソフトクリーム

子どもから大人まで、みんなから大人気のソフトクリーム。

あまくてつめたくて、本当においしいですよね。

特に夏の暑い日に、旅行先で必ずみかける、あのでっかいソフトクリームのディスプレイを見ていると、思わず食べたくなりますよね。

ソフトクリームはとってもおいしいのですが、すぐ溶けてしまうのが残念なところ。

食べている途中で、下からぽたぽた溶け始めて、ゆっくり食べられないのが悲しいとき、ありませんか?ソフトクリーム、冷蔵庫で冷やしながらなら、ゆっくり食べられるのでは?と思い、調査してみました。

ソフトクリームは冷蔵庫に保存すると溶ける?溶けない?

店頭で買ったソフトクリーム。

冷蔵庫で冷やしながらならゆっくり食べられるかな?と、冷蔵庫にいれたままにしておくと、なんと、すぐに溶けてしまいます。

冷蔵庫の温度は、凍らないくらいの0℃~5℃。

ソフトクリームの温度は、-5℃くらい。

5℃以上の差になります。

もちろんアイスクリームは形を保てなくなり、どろどろにとけてしまいます。

こうなってしまっては、もう食べられません。

ソフトクリームを冷凍庫に保存するとどうなる?

ソフトクリームを冷凍庫で保存したら、固くなってしまいました。

あのソフトクリームならではの柔らかさがなくなって、スーパー、コンビニなどで冷凍庫の中で売っている普通のアイスになってしまった、というかんじですね。

もちろん形はそのままなんですが、あのソフトクリームと思って食べたら、なんか違うなぁと感じてしまいます。

味は、高級なアイスみたいでおいしかったです。

でも、なんとなく風味は落ちたような気がしました。

できればやわらかいままのソフトクリームが食べたいですよね。

かたくなったソフトクリームを柔らかくする方法も紹介します。

冷凍庫で固くなったソフトクリームをやわらかくするには?

冷凍庫で固まったスフとクリームは、冷蔵庫へいれて、1時間ほど保存します。

すると、ソフトクリームの柔らかさが戻ってきますよ。

ソフトクリームとアイスクリームのちがいはかたいか柔らかいか、です。

かたさは、保存する温度によってちがってきます。

ソフトクリームは、-5~-7℃で、空気を混ぜるために、かき回されながら冷やされ、保存されます。

すると、あの柔らかくとろける食感になります。

アイスクリームは-30℃以下でカチコチに急速冷凍され、-18℃で保存されたものです。

なので、ソフトクリームが冷凍庫で冷やされ、アイスクリームのようにかたくなったら、また冷蔵庫へいれて元へ戻せばよいのです。

ただし、1時間ほどにしましょう。

それ以上冷蔵庫に置いたままにすると、溶けてしまうので注意が必要です。

キッチンタイマーなどで設定しておけば、安心ですよ。

ただ、冷蔵庫に入れただけでは、できたてソフトクリームのようなトロトロにとろける感じはあまりないです。

そんなときにもっとおいしくなる方法があります。

固くなったソフトクリームをさらにやわらかくする方法

食べる時に冷蔵庫で少し柔らかくしたソフトクリームを、カップなどに入れて、混ぜながらいただきます。

すると、空気が入るのでなめらかさが戻ってきます。

ぐるぐる混ぜていると、ソフトクリームっぽい食感が戻ってきます。

これは、普通のアイスでもできるので、ぜひ試してみてください。

とってもおいしくなりますよ!私は子どもの時から、カップアイスを食べる時はいつも混ぜて食べていました。

最初、かたい時はアイスのかたさを楽しみ、すこし溶けてやわらかくなってきたら、まぜてソフトクリームのようにして食べるのです。

いちどに2度、楽しめるので、おすすめです。

⑤アイスクリーム類は賞味期限がないって本当?賞味期限の表示はしなくても良い。

ということになっています。

(消費者庁食品表示基準の規定により)賞味期限はなく、10年以上たっても食べられるということですね。

ただし、-18℃の温度をきっちり保ったまま、が条件になります。

-18℃以下で冷凍保存していれば、菌が増えないからです。

冷凍保存すると、品質も落ちにくいんですね。

また、温度が上がって溶けてしまっても、アイスやソフトクリームはいちど溶けると、形がくずれるので、もう食べられないとひとめでわかりますよね。

なので、賞味期限を表示しなくても良いというきまりとなったのです。

たとえば、冷蔵庫で10年間保存したアイスクリームでも、大丈夫、食べられます。

とはいえ、家庭用の冷蔵庫は温度変化も激しく、決して-18℃を保っているとは思えないので、匂い、味、食感など、十分注意して食べてください。

ソフトクリームはどんな種類がある?

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓に分けられます。

厚生労働省によると、アイスクリームは乳固形分15%以上その内8%は乳脂肪、アイスミルクは乳固形分10%以上、その内3%は乳脂肪肪、ラクトアイスは乳固形分3%以上、氷菓はそれ以外、と定義されています。

ソフトクリームは、これらを柔らかくして食べやすくしたものです。

成分も、それぞれ違うようです。

乳成分が多いほうがコクがあっておいしいですよね。

そこはみなさんの好みの問題ですので、いろいろ試してみると楽しいかもしれませんね。

まとめ

ソフトクリームは、冷蔵庫に入れてはいけません。

すぐに溶けてしまいます。

ですが、冷凍庫に保存してかたくなったソフトクリームを、いったん冷蔵庫で柔らかくする食べ方はアリですよ。

ソフトクリームはあのなめらかさが命です。

冷凍庫で保存しても、かたくなったソフトクリームをカンタンになめらかにして柔らかく食べられる方法、ためしてみてくださいね。

 


// 更新日時をGoogleに優先して伝える 公開日: