ローストビーフの賞味期限は?期限切れでも食べて大丈夫?

2021年2月15日

ローストビーフの賞味期限

牛のかたまり肉を使って作られるローストビーフ。

絶妙な火通し加減で、柔らかく美味しい肉料理の一つです。

見た目も華やかさがある料理なので、ちょっと特別な日のご馳走としても定番ですよね。

ハムや焼き豚のようなギフトセットに入っていることも多く、冷蔵庫に入っているだけでなんとなく気持ちがウキウキしてしまいます。

豪華なイメージながら、家庭でも意外と簡単に作ることができるので、主婦の皆さんにも人気のローストビーフですが、手作りの賞味期限はどのくらいなのでしょうか。

一気に食べてるのはもったいないと、少しずつ食べているうちに数日経過してしまった…ということも珍しくないと思います。

また、市販の真空パックで密封されているローストビーフは長く持ちそうなイメージからなんとなく食べることを後回しにしていたら表示の賞味期限を過ぎてしまうことも。

本記事ではそんな気になるローストビーフの賞味期限についてまとめています。

市販品、手作り品それぞれについて、保管方法も合わせてご紹介していますのでみんな大好きなローストビーフを安心して頂くためにぜひ参考にしてみて下さい。

ローストビーフは何日食べられる?市販品と手作り品の違いは?

ローストビーフの賞味期限はどのくらいの期間なのでしょうか?まずは市販品についてです。

手作り品に比べて大幅に保存が効く市販の真空パックされたローストビーフは製造日からおよそ3週間を賞味期限としていることが多いようです。

ナマモノとしては、3週間保存できれば使いたいスケジュールを考えやすいと思います。

ただ、こちらの3週間という期限は未開封時のものです。

開封してしまったローストビーフは、3週間かけて食べ続けることはもちろんできません。

開封後のものについては、賞味期限に関わらず2〜3日の間には食べきってしまうようにしましょう。

続いて家庭で手作りしたローストビーフの場合です。

こちらはあくまで目安での数字になりますが作ってからまだ切り分けをしていないかたまり肉の状態であれば調理日から3日以内で食べきるのが安心です。

その際はかたまり肉になるべく空気触れないようにぴったりとラップで包み、チャック付きの保存袋やタッパーに入れて冷蔵庫に保存しましょう。

一度包丁を入れて残ったローストビーフは、空気や手に触れている部分が多くなるので保存期間は短くなります。

こちらに関しては調理をした日の翌日中には食べましょう。

そしてスライスされたローストビーフですが、こちらについては保存はできないと考えたほうがいいでしょう。

その食事の時間内に食べきれる量をスライスして食卓に出して下さいね。

開封後の市販品、手作りのもの共に、ナマモノであるローストビーフは長くもつ訳ではありません。

それでも、少しでも長くもたせたい場合は冷凍庫に保存しましょう。

冷凍庫であれば調理日から2週間程度はもたせることができます。

さらに未開封の市販品、切り分け前のかたまり肉であれば1ヶ月ほど保存可能です。

使いたい日に冷蔵庫で解凍して食べましょう。

その際、残ったものを再冷凍するのは大幅に味や食感が落ちますのでやめて下さいね。

冷凍する場合は、一食で食べきれる量を小分けにして冷凍しておくと便利です。

ローストビーフの賞味期限が切れていた!そんな場合は?

気をつけていたけれど、未開封市販品の賞味期限を切らしてしまった…手作りローストビーフを冷蔵庫に入れたまま2,3日経ってしまった…そんな場合の対応についてです。

そんな時は、ローストビーフに完全に火を通してしまいましょう。

細かく切って炒めチャーハンやパスタの具にしてみたり、スープに入れてもいい味が出ます。

薄くスライスした肉をフライパンで焼いてサンドイッチにすると見た目もおしゃれな一品に。

たくさん残ってしまっているときは、大きめに切り分けてカレーやシチューの具にしてもいいですね。

ただ、保存状態の良し悪しが関わってきますので、火を通すにしてもまずは匂いや色といった部分のチェックを行い、少しでもおかしいなと感じる点があったら使わないようにしましょう。

ちょっとでも腐っていた場合は、せっかくの料理すべてを無駄にしてしまいます。

レア感を楽しむローストビーフですので、新鮮なうちに美味しく安全に頂きたいですね。

賞味期限切れのローストビーフは食べるためにまた一手間が必要になってしまいますので、手作りをする場合はすぐに食べきれる量を見極めつつ、まず作りすぎに気をつけましょう。

まとめ

市販の真空パック品、手作り品それぞれのローストビーフの賞味期限、そして正しい保存方法についてご紹介しました。

特に真空パック品は開封前と後で期限が大きく異なってきますので、確認が重要ですね。

最後にポイントをまとめます。

  • 市販品ローストビーフは未開封時の賞味期限は缶で3週間ほど。ただし開封したものに関しては手作り品と同様の対応を
  • 手作り品はナイフを入れる前なら3日以内、一度切ったものは翌日までに食べきる
  • スライスしたローストビーフはすぐ食べる・冷凍すればおよそ2週間保存可能
  • 再冷凍はできないので、1食分ずつ小分け冷凍するのがおすすめ
  • 賞味期限を多少過ぎた程度のものなら火を通したり他の料理に活用を

近年はおせち料理でも定番となってきたローストビーフ。

華やかでパーティーにもぴったりのお料理ですので、美味しく安全に食べられる期間を守って楽しく頂きましょう。

関連記事↓

ハムの賞味期限は何日くらい?開封後は?

ソーセージの賞味期限はどのくらい?どれくらいもつ?